ジスロマックは、性病であるクラミジア感染症を治す薬として有名です。厄介な症状でもこの薬があれば解決します。しかも1回の服用で一週間も効果が持続するので、心強い味方となります。

ジスロマックの画像

クラミジアと闘うジスロマック

感染症というものは、他人との接触によって、細菌などが体内に侵入してしまうことによって発症するものですが、特に気をつけなければいけないのが、あらゆるパターンの性行為です。性行為というものは、粘膜のような、一般的な皮膚にくらべると生体のバリアの機能がかなり弱い部分で相手と接触する行為ですので、細菌の感染が進みやすいといった特徴があるものです。
そうしたなかでも、最近の日本人女性に比較的多いといわれている性感染症が、性器クラミジア感染症とよばれるものです。この性器クラミジア感染症というのは、クラミジアという病原体が原因となっていますが、女性の場合、症状がまったくないままに他人に感染させてしまうといった可能性もあるほか、もしも症状が発症した場合には、まずはおりものが増加したり、下腹部の痛みがあったりといったところからはじまり、やがて子宮頚管炎や卵管炎のような、症状の重い病気にまでなってしまうというものです。
こうした性器クラミジア感染症のような病気と闘うための医薬品としては、ジスロマックのような抗生物質が適しているとされています。抗生物質は、体内における細菌の増殖を抑えたり、高濃度では殺菌のはたらきもするというすぐれた物質で、性器クラミジア感染症のみならず、幅広い感染症、たとえば咽頭炎、喉頭炎、肺炎、気管支炎、歯周炎などといったみのにも用いられることがあります。初期の子宮頚管炎などであれば、ジスロマックを一気に服用して細菌を排除することに成功すれば、症状はすみやかに改善に向かいますので、はやめに婦人科などの医師のもとを訪れて、必要な検査の上で処方をしてもらうのがよいでしょう。ジスロマックは副作用は比較的少ないほうですが、もしも副作用があれば医師に相談をすべきです。